西陣織は、宮延工業として発展しました。応仁の乱により一時は壊滅の危機に瀕しましたが、戦火が収まると織手たちは京都に戻って織物の町を復興しました。現在では、高度に発展した社会的分業に支えられ、我が国最大の先染織物産地を形成し、伝統産業界で指導的役割を果たしています。

サイズ(内寸)W145×D50×H30mm
個装サイズ:17×10×7cm
重量個装重量:500g
素材・材質牛革、西陣織
仕様ホック式
鼻あて付

製造国日本
お正月予約